独断と偏見の日記(・∀・)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんなに思い描いても所詮は・・・・。


キミと探そうとしたユメ。
キミと歩こうとしたユメ。

キミは何時だってボクの前を歩いていく。

ユメを共に歩こうとヤクソクしたのに。

所詮は共に歩く事なんてフカノウ。

ユメはユメ。

ヒトが求めるのは互いが違うユメ。

どんなヤクソクであろうとも

歩む道が決まってしまったら

一緒に歩む事はフカノウ。


待っていたのは目の前が壊れ堕ちるユメ。


ヤクソクが破られる事

とても痛くって

胸の辺りに穴が空いたようなクルシイ。


一緒に歩く事なんてフカノウなんだね。
所詮は人は他人。
ダレも信じない。
ダレも・・・・。

コンナオモイニナルグライナラヤクソクナンテシナケレバヨカッタ。


FC2blog テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

【2006/12/20 09:14】 | 戯言
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。